歯周病の基礎知識 歯周病とは?

日本人の約80%が歯周病

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気です。日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

歯槽膿漏とは違う?

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。虫歯は虫歯菌が出す酸で歯が溶け、歯に穴が開いた状態です。これに対して歯周病は種類の異なる細菌が出す毒素が歯茎から体内に侵入することで起こります。

歯周病は決して年齢からくる老化現象ではありません。虫歯とは若干種類の異なる細菌が引き起こす一種の感染症と考えられます。
それでは、どうして歯周病が起こるのか? 実は単純な原因だったのです。

イラストの歯と歯茎の境目をよく観察してみてください。
歯の表面に細菌がピッタリと張り付いた「プラーク」がない、正常の歯茎の状態です。歯茎もピンク色で炎症などもなく健康的です。次に歯周病になってしまった歯茎のイラストを見てみましょう。

歯と歯茎の境目に歯周病菌が粘着性を持ってしっかりと張り付いてしまう「プラーク」と、「歯周ポケット」と言われる歯茎の溝が見られます。
歯茎は赤みを帯びた炎症状態です。口臭が増加する他、歯茎を押さえると膿が出る状態となります。

原因は細菌

歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌です。細菌は歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管に乗って全身に巡っていきます。歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られるようになりますし、体の抵抗力が低下した時などに腫れを繰り返すこともあります。また、ひどい痛みや腫れなどの自覚症状がない炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染を防ごうとして、骨を溶かし歯がぐらつくようになります。

歯磨きだけで歯周病は防げない

こう聞くと「歯磨きさえしっかりしておけばよい」と考えがちですが、実はそんな単純なものではありません。例えば毎日同じように歯磨きをしていても、健康な歯のすぐ隣に、歯周病が進行してしまった歯ができることがあります。歯磨き以外にも注意すべきことがあるのです。

1.咬み合わせ

咬み合わせは歯に加わる力のバランスを変化させます。歯の許容範囲以上の力は、歯周病を悪化させやすくなります。

2.歯ぎしり

就寝中の歯ぎしりは、歯により高い力を加えます。
寝ている間に歯をペンチで挟んで揺すられるようなもので、歯と歯茎の境目が緩んで歯周病の進行させやすくなります。

3.歯並び

歯並びが悪い場合、同じように歯磨きしても、磨き残しが生まれることが多く、歯周病リスクが高まります。