歯周病の外科処理 歯周外科治療

徹底的に取り除く

これまで、歯周病治療を繰り返しても、治療で治りきらなかった部位に対し、歯周外科手術を行います。
病気の原因(歯周病の原因)が目で確かめられるように、歯肉を切って歯槽骨からはがし,根の先の方や,根と根の間にこびりついて取れなかった歯石を除去し、滑沢にします。

つまり,悪いところを直接目で見て徹底的に取り除くのです。

まずは専門医に相談を

この治療は口腔外科的治療ですので、一般の歯周病治療では行うことが非常に難しい外科治療です。
歯周外科手術はこの他にもさまざまな術式があり、症状に応じて使い分けられます。しかし,どんなに新しい治療法を用いても,手遅れの歯周病は治療できません。
早めに、口腔外科医に相談することが大事です。

簡単には治らない

歯周病は1度悪くなってしまうと、簡単には治ることはありません。重度の歯周病は何をしても治りません。
歯周病は「歯を支えている骨である歯槽骨が溶ける病気」ですが、この溶けてしまった歯槽骨を元通りにすることは、現在の歯科医療ではほぼ不可能です。

一応、失われた骨の回復を期待して「骨移植」なども行われてはいますが、全ての症例で十分な結果を得ることはまだ難しいという段階で、重症の歯周病の場合には歯を抜くしか選択肢がないということがよくあります。

フラップ手術

周病を引き起こす病原菌の集合体であるプラーク(歯垢)が石のように硬くなったものを歯石と呼びます。プラークと歯石は歯ぐきの下に入り込み歯の表面にこびりつき、そこで炎症を起こし、歯の周りの歯ぐきや骨を破壊します。その結果できたのが歯周ポケットで、これは歯周病が進むと深くなります。
歯石を取る治療のスケーリングは、ポケットの中に器具を差し込み、手探りで歯の表面の歯石を掻き取り、ポケットの中をきれいにします。しかしポケットが深いところでは、器具がうまい具合に歯石に届かなかったり、届いても正確な操作ができなかったりします。
そこでフラップ手術というものがあります。きちんとした歯磨きやスケーリング・ルートプレーニングなどの歯周基本治療を行っても歯周病が改善しない部分に対しては、歯周外科治療(フラップ手術)と呼ばれる治療が行われます。

徹底的に取り除く

手術を行う歯の周りの歯ぐきを麻酔して、メスで歯ぐきを切り開きます。これにより、歯科医師は歯石のついている場所、範囲、量などを肉眼で確かめることができます。
器具を確実に使って歯石をきれいに取り除いていきます。またデコボコしている歯の表面を滑沢な状態に仕上げます。その後、切り開いた歯ぐきはできるだけもとの位置に戻し、しっかりと縫い合わせます。

処置時間と術後療法

処置の時間は、歯の本数や状態にもよりますが、数本で1時間から2時間ぐらいです。細かい操作をするので時間がかかります。抜糸は、1~2週間後にします。そうすればもう歯周ポケットはなくなっています。その後再発しないよう、歯ぐきを歯みがきでしっかり管理します。手術後は、傷口を特殊なパックで覆って保護します。

「歯周外科手術」はいろいろありますが、手術をすることによって歯周ポケットは消え、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善してきます。この治療には健康保険が適用されます。

• 手術創は速やかに治癒しますが、手術部分の歯みがき等は担当医の指示に従って下さい。また、指や舌で手術部分を触らないで下さい。

• 手術後の感染を防ぐために、術後3~6週間は、消毒薬で口の中をよく洗浄するようにします。抗生物質が処方された場合は、担当医の指示に従って服用して下さい。

1~3ミリ程度の歯周ポケット(軽度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、14%程度であったが、4~6ミリ程度の歯周ポケット(中程度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、57%程度、6ミリ以上の歯周ポケット(重度歯周炎)であれば、SRP後 残った歯石は、68%程度にもなたという結果でした。

歯周ポケットが深くなればなる程、ルートプレーニング(SRP)で歯石を除去するのが困難になるのです。