歯周病と全身の関わり 口臭の原因と対処法

機序

口臭発生のメカニズムは、嫌気性菌が脱落上皮細胞や白血球のような唾液成分、および唾液や食物残査に含まれるタンパク質に存在するアミノ酸を分解することにより発生します。また舌は歯の表面以上にやっかいな箇所で、その複雑な構造も発生の要因になっています。

原因

口臭の原因は口の中に細菌が広がる事と唾液が原因になります。
歯ブラシをしたとしても細菌は完全には消えません。

口の中の細菌にも2種類あります。
(1)嫌気性菌→酸素が苦手な細菌
(2)好気性菌→酸素が好きな菌
口臭を発生させるのは、①の嫌気性菌で口の中が乾いている時にたくさん発生します。そして、口臭の原因となる物質『揮発性硫黄化合物』というものがたくさん作られます。
そして揮発性硫黄化合物は唾液に溶けて口の中が苦くなり、ネバネバした状態になって口臭が発生します。
酸素が少ない状態になると、唾液の分泌が著しく低下してしまいます。
結果、唾液は口腔内をきれいにする力があるのにも関わらず唾液の分泌が低下するとその働きも無くなり、菌が繁殖して口臭の原因となるのです。

では上記に挙げた口臭の原因物質の発生方法をご紹介しましょう。

  • (1)歯周病で発生する【メチルメルカプタン】
  • (2)歯周病の進行に伴い発生する【ジメチルサルファイド】
  • (3)生理的口臭の原因になる【硫化水素】

等さまざまありますが要は、口の中を清潔にして酸素を欠かさない事が大切になってきます。

イメージ
歯周病が原因?!
口臭の原因の大きな1つである歯周病。虫歯が歯そのもの病気であるのに対し、歯周病とは歯の表面につくプラークによっておこる、歯の周りの組織の病気です。歯ぐきに炎症が起きるのが歯肉炎、歯槽骨まで溶かしてしいまうのが歯周病と呼ばれ、口臭の原因にもなります。一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいい、慢性辺縁性歯周炎とも呼ばれ、最も多いタイプの歯周炎で、始めは症状がなく、歯磨きをすると歯肉から出血する程度ですが、進行するにつれ、歯肉が腫れて膿がでたり、歯がぐらぐらしてきて抜けてしまうことがあります。また、歯周病には、その症状、状態によっていろいろな種類があります。タバコを吸っていると歯ぐきの免疫力が低下してしまい、タバコを吸っている人は非喫煙者に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいといわれています。喫煙は口臭原因にもなりますが、美肌や健康的な歯ぐきの色の大敵でもあります。また、口臭原因になるだけではなく、最近では成人性歯周炎や心臓血管疾患の危険因子になることが、明らかになってきています。
生理的口臭
本来、口臭というのは誰にでも起こるものです。特に問題をかかえていないケースでも、たとえば起床時には口の中が不快だったり、臭かったりします。このような口臭を、生理的口臭と呼びます。少し条件が変わるとすぐに消失してしまうものです。生理的口臭として分類されているものは幾つかあります。

起床時口臭 : 眠っている間は口が動かず、唾液分泌もかなり抑制されているため、口腔内細菌は最大限に増えます。その結果、起床直後は、増えた細菌と口腔内の乾燥により、口臭が起こります。これは、歯みがきによって解消されますし、ちょっと話をすることによって解消されます。しかし、大量の細菌は、飲み込む前に清掃したほうがいいでしょう。

空腹時口臭 : お腹がすいている時にも口臭は起こります。これは、唾液の減少のほかに、膵液(すいえき)が関係していると言われています。食事を摂れば、解決します。しかし、もしも朝食を取らない場合には、起きてからずっと、食事を摂るまで口臭が続くことになる訳ですから、要注意です。

緊張時口臭 : 緊張することにより、自律神経の働きによって唾液の分泌が抑制され、その結果として口臭が起こります。緊張しやすい性格の方の場合、このようにして起こった口臭を自分で感じるとさらに緊張が増し、悪循環を延々と続けることがあります。

夕方の口臭 : 疲労と空腹が重なって起こります。疲労はストレスになり、唾液分泌が抑制されるので、口臭の起こりやすい条件が重なります。
生理時口臭 : 女性の生理の際に起こる口臭です。ホルモンが関係しています。
イメージ

対処方法

唾液を出すと口臭を予防できるのはご存じですか?
唾液を出すコツとして欠かせないのは、噛むという動作です。食事をしているときや、ガムを噛んでいる時は、唾液の分泌量が増加します。ですから、食事中は口臭も治まるのです。
唾液の分泌量の変化は、一日中続いています。寝起きや、食事中、空腹時や仕事終わり、さまざまな時間やケースで、唾液が増えたり減ったりを繰り返しています。この唾液が減っている状態の、寝起きや空腹時、ストレス時、疲労時に唾液を出すことが、口臭を抑えるコツなのです。
ガムを噛むときや、水分を唾液代わりに摂れるときはいいのですが、それができないときには、舌を動かすという動作で、唾液の分泌を促しましょう。
では、どのような動きをすれば、唾液の分泌量は高まるのでしょうか?

イメージ
対処方法

まず、舌を舌の下にある、唾液分泌腺に当ててみましょう。そうすることで、唾液はじわじわと沸いてきます。また、舌を上下に動かしてみたり、上の部分に舌をリズミカルに優しく当ててみましょう。舌の下の部分に、唾液は沸いてきます。舌の運動をすることで、唾液の分泌量も増えますし、舌の表面の汚れもきれいになります。唾液と舌の動きには、このように大事なつながりがあるのです。
また、せっかく出た唾液をすぐに飲み込むのは、やめましょう。唾液は、口の中を洗浄してくれる、大切なお掃除屋さんです。それから、舌を動かす運動をしていることで呼吸法が、鼻呼吸になります。口呼吸の場合は、口の中が乾いてしまうので口臭の原因になりますが、鼻呼吸になることで、口の中の潤いは、さらに保てるようになり、口臭は軽減されます。
唾液の分泌のコツをよくつかんで、口の中をきれいにしましょう。
逆に唾液が出にくくなる条件としては
(1)病気等のため薬剤を服用している
(2)精神的な緊張
(3)水分の摂取量が少ない(相対的に)
などがあげられます。

対処方法

口臭を予防するための治療法をご紹介します。まずは、口内環境を整えることが必要です。毎日の歯磨きの方法を振り返る、フロスや舌ブラシを活用してみる、ガム・サプリメントを上手に利用するなどの方法で、口臭をしっかり予防しましょう。

歯ブラシ
歯ブラシ
口臭が発生する原因の多くは、口の中にあります。
歯磨きをせず歯垢を放置すると、歯垢は約2日間で歯石に変わってしまい、そうなるとブラッシングをしても中々落とすことはできません。

毎日の歯磨きを怠らないようにしましょう。
フロス
フロス
フロスとは、ナイロン製の糸状のものです。
通常の歯ブラシでは取り除きにくい歯と歯の間に詰まった歯垢や食べかすなどを絡め取ります。
舌ブラシ
舌ブラシ
舌の汚れをキレイに落とすためのものです。
舌にこびりついた「舌苔(ぜったい)」などを取り除きます。
ガム・サプリメント
口臭予防効果の高いガムやタブレット、スプレー類を上手に利用しましょう。
キシリトール配合のものであればむし歯予防にもつながり、初期段階のむし歯であれば治療効果も期待できるとされています。
臭い防止にはお茶?
それはお茶の成分に答えがあります。お茶の成分は、カテキン類やビタミン類、フラボノイドなどがあります。カテキンには、口臭予防作用があります。そのため、口臭を予防できるのです。さらに、フラボノイドにもガムなどで知られているように、口臭予防の効果があるため、二倍の効果が得られていることになります。また、お茶には、フッ素が含まれているので、虫歯の予防にも効果的です。虫歯は口臭の原因になる要素をたくさん持っています。歯磨きはもちろんですが、お茶を飲むことで、虫歯の予防と口臭の予防ができるので、お茶はとても素敵な飲み物といえるでしょう。
食生活の見直し
食生活の改善で口臭予防を意識するようにしましょう。
改めて食生活を見直すことによって、健康的な体を手に入れることもできるはずです。
食後の口臭ケア
食後の口臭ケア
食後の歯磨きは当たり前ですが、食物による口臭ケアも大切です。
デザートや食後の口臭ケアに気を付けることで、大半の口臭を防ぐことができるとされています。